• ホーム
  • 特集
  • ギャルゲ初級講座『魔雀ヴィーナスバトル』編

ようこそ!ゲストさん | ログイン

アプリを探す
キーワードから検索
 
対応機種
対応プラットフォーム
ジャンル

QRコードからアクセス
この記事を
スマートフォンで読む
特集
  • 特集
  • Google Play
  • App Store
  • iPhone
  • Android

ギャルゲ初級講座『魔雀ヴィーナスバトル』編

2014-07-30 13:36

今回紹介するのは、Ediaからリリースされている『麻雀RPG 魔雀ヴィーナスバトル』。Android版とiOS版がリリースされており、ランキングでも常に上位をキープしている人気タイトルだ。

ゲームはソーシャルゲームの要領でクエストをクリアし、4人打ち麻雀でバトルをするというもの。通信機能を使って4人のプレイヤーがリアルタイムで卓を囲む「ガチ」な麻雀ゲームとは異なり、捨て牌や上がりの点数でボスのHPを削る。また、パートナー(女の子)のスキルで配牌時のツミコミ技が可能となるなど、かなりギミック満載のゲーム内容となっている。『セガNET麻雀MJ』やコナミの『麻雀格闘倶楽部』などが「ガチ」とすれば、セタの『スーパーリアル麻雀』やジャレコの『アイドル雀士スーチーパイ』など、脱衣麻雀に近いノリだ。もっとも、AndroidやiOSではエロ要素が厳しく規制されているため、本作でボスを倒しても裸にならないので念のため。(スーパリアル麻雀やスーチーパイを知らないという人は、お父さん、あるいはWikipediaさんに聞いてみよう!)

さて、本作の魅力は登場する女の子のカードの豊富さと、サクサク楽しめるゲーム性。通信対戦ゲームではないため、対戦相手が揃うまで長時間待たされたり、長考待ち、途中切断といったイライラもなく四人打ち麻雀が楽しめる。また、クエストで消費する体力や、対戦やイベントのボスバトルで消費するバトルポイントの自然回復速度が早いのも魅力のひとつだ。


ゲームメイン画面


クエスト画面


宝箱からノーマル・ブレイドをゲット!


今度はヴィーナス・ブレイドを手に入れた!

クエストでは、宝箱からデッキに組み込む「ノーマル・ブレイド」(武器)や「ヴィーナス・ブレイド」(女の子)が手に入る。また、クエストのエリアボスは、数回倒す(倒しても逃げてしまう)とパートナーとして迎え入れることができる。彼女たちはそれぞれに異なるスキルを持っており、メインパートナーとして配置することで、イカサマスキルを発動させることができる。


パートナーのスキルを発動!


タンヤオ積み込み完了!


ゲーム標準のパートナー、リィネ。こちらは水着バージョン!!

クエストやガチャなどで手に入れた各ブレイドは、麻雀の牌にセットすることでその効果が発動。捨て牌時に対戦相手へダメージを与えたり、通常の上がり役に応じた点数に加算する形で攻撃力をアップさせたりすることができる。なお、メインパートナーに選んだ女の子のスキルによって配置を変えることがポイントとなる。具体的には、タンヤオのスキルを持っている場合は2〜8の牌に、チャンタのスキルの場合は1、9、字牌にカードを配置するのが効果的だ。


デッキは複数セット可能。パートナーとの組み合わせが大事!


デッキは「おまかせ」でセットもの可能。属性もあるので、そちらも考慮したいトコロ。

ヴィーナス・ブレイドとして登場する女の子のイラストは比較的質が安定しており、パートナーも服装を変えることができたりと、ギャルゲファンのココロをくすぐる点も多い。もう少し、ヴィーナス・ブレイドと主人公との交流といったストーリーが増えると、さらに萌えるのではないだろうか。それでも、ゆるーい麻雀ゲームとしての魅力は高く、豊富なキャラクターイラストを集めるコレクション性としても、ギャルゲーマーとしては是非ともプレイしておくべき1本だろう。

【長めのあとがき】
麻雀(本作では『魔雀』だけれども)ゲームと美少女という組み合わせは、80年代の「脱衣麻雀」あたりまで遡る。現在は超有名メーカーとなった会社も別名で手がけていたり、アーケードゲームではアニメ絵的なCGだけでなく、一般のサラリーマン層を狙って、女優を起用したレーザーディスクを内蔵し、勝つと女優が脱いでいくものまで登場した。その一方で家庭用ゲーム機では規制が厳しく、女の子が「哺乳類ではない」状態で登場することもあった。ちなみにAndroidやiOSではさらに厳しく、App StoreやGoogle Play経由での配布は難しい。このような状況のなか、麻雀と美少女という組み合わせだけで売り出すのは差別化が図りづらい。本作については、サクサク楽しめる麻雀ゲームとしての楽しさが上手に作られているため、そこを目当てにプレイしている人も少なくないだろう。筆者はもう、人数集めに時間がかかり、やたら長考を繰り返し、負けると即切断するプレイヤーをよく見かける某人気4人打ち麻雀ゲームから、すっかりこちらに移行してしまった。

ところで、めでたく復活となった「ギャルゲ講座」だが、次回も既に仕込み中。次はライトノベル風RPG作品あたりを紹介する予定だ。また、今回紹介したエディアからは、『ヴィーナス†ブレイド』『永劫のヴィーナスギア』などのゲームもリリースされているので、こちらもお試しアレ。

アプリ詳細データ
Picture_DetailThumb

麻雀RPG 魔雀ヴィーナスバトル

配信元:
Google Play / App Store / その他
メーカー:
株式会社エディア
ジャンル:
RPG / カードゲーム / テーブルゲーム
対応機種:
Android4.0以上、iOS5.1以降
著作権表示:
(c)Edia Co.,Ltd.
公式URL(PC):
http://mjvb.edia.ne.jp/
公式URL(スマホ):
http://mjvb.edia.ne.jp/

麻雀しながらクエストを進める麻雀&カードバトル形式のファンタジーRPG。武器の力を体現した美少女キャラクター(ヴィーナスブレイド)を駆使し、プレイヤーは『魔雀』の力を手にした『魔雀士』となり、白熱のバトルを繰り広げながら最強の魔雀士をめざす!

iPhone
Android
  • Google Play
  • App Store
  • その他
無料(アプリ内課金あり)
無料(アプリ内課金あり)
無料(アプリ内課金あり) ※楽天アプリ市場へのリンクです