ようこそ!ゲストさん | ログイン

アプリを探す
キーワードから検索
 
対応機種
対応プラットフォーム
ジャンル

QRコードからアクセス
この記事を
スマートフォンで読む
特集
  • 特集
  • Google Play
  • App Store
  • iPhone
  • Android

【集中攻略特集】47 HEROINES[バトル]

2019-07-11 00:00

バトルについて

本作の基本的なゲームシステムは、ターン制のウォーシミュレーションゲーム。Debuggerを敵の近くに移動させて攻撃し、勝利条件(すべての敵の殲滅、ボスの撃破、指定された場所への到達、指定された場所への悪魔の侵入阻止など)を達成することでクリアとなる。

以下、具体的な例とともに勝利条件を説明しよう。


最も多い勝利条件が「敵を全滅させる」。


ただ戦うだけでなく、Debuggerをどう配置するかがカギとなる
勝利条件「特定ポイントを守りきる」。


敵の猛攻を耐えきる勝利条件「4ターン経過する」。
もちろん、4ターン以内に敵を全滅させてもOK。


特定ポイントを守るのではなく、Debuggerのうち誰かひとりでも
特定ポイントに到達できればOKな「特定ポイントに移動する」。

■武器と攻撃タイプ

本作に武器は大剣、戦鎚、刀といった「敵に隣接して攻撃」するタイプと、短銃、長銃、槍といった「敵から離れて攻撃」が可能なタイプがあるほか、攻撃タイプとして攻(攻撃型)、守(防御型)、援(援護型)、制(制圧型)、治(回復)型がある。これらは各Debuggerごとに決められており、自由に変更することはできない。ただし、攻撃についてはスキルを使用することで、近距離攻撃型の武器を持つDebuggerでも遠距離攻撃ができる場合がある。

以下、武器ごとの攻撃範囲について、通常攻撃を例にスクリーンショットで説明する。


武器が戦鎚(近距離)のコウチ・鷹 勇希の通常攻撃範囲。
自分を中心に前後左右のみ。


武器が長銃(遠距離)のカゴシマ・鶴丸 芹菜の場合。
攻撃範囲は広いが、隣接する敵には攻撃できない。


武器が槍(両距離)のオキナワ・今帰仁スセリの場合。
攻撃範囲は長銃に劣るが、隣接する敵にも攻撃が可能。


こちらは武器が刀(近距離)のヤマグチ・指月天理の通常攻撃範囲。


そして指月天理のスキル「裏天月・関門渡り」の攻撃範囲。
このように近距離型でも離れて攻撃できる場合がある。

■戦い方のポイント

本作のバトルで特徴的なのが、「敵を取り囲んで攻撃すると、攻撃力(与えるダメージ)がアップする」という点だ。
つまりDebuggerが単独で別の敵を倒しに行くのではなく、「敵を囲んで各個撃破」していくのが、本作の基本的な戦い方ということになる。では、具体的に説明しよう。


今回はサイタマの「深度IV」(推奨レベル35)に挑戦


編成したDebuggerは、雲霧 蕾佳のみレベル36。ほかはすべてレベル35以下。
防御型のDebuggerがいれば、よりレベルの低い編成でも十分戦える。

①戦闘開始時、味方Debuggerの移動範囲だけでなく、悪魔の移動+攻撃範囲、危険地帯を確認し、やみくもに突っ込むのではなく、攻撃が当たらないギリギリの場所に移動し、取り囲む体勢で悪魔の接近を待とう。なお、悪魔によっては、Debuggerが自分の攻撃範囲に入らないと移動しないタイプもいる。この場合は高HPや高防御力、防御型のDebuggerをオトリにするといいだろう。


初期配置。このままでは「囲んで各個撃破」は難しいので
悪魔の攻撃範囲ギリギリに集結させよう。そのために……。


まずは悪魔のユニットをタップして、移動範囲+攻撃範囲をチェック。


さらに画面左上の「危険地帯」ボタンをタップすると、
悪魔の攻撃範囲を含む危険な場所が赤く表示される。


上記を踏まえてターン1でこのような配置にしてみたが、
「ブギーマン」はDebuggerが自分の攻撃範囲に入らないと移動してこない!


そこで、防御型の「府内 尋」を悪魔の攻撃範囲内に移動させ、
囲みやすいよう近くに「蓬左睦実」らほかのDebuggerを配置。

②悪魔が接近してきたら、前後または左右から取り囲むようにDebuggerを配置して攻撃する。Debuggerは攻撃の際、同じ悪魔に攻撃が当たる場合は行動終了後であってもコンボ攻撃を行ってくれる。また、囲むことで与えるダメージ量にボーナスが加算される。このことを常に意識して戦闘を行うことで、大ダメージを一気に与えることが可能となる。


攻撃範囲内への侵入を感知したレベル35の「ブギーマン」と「アンクー」が接近して攻撃!
2体からの攻撃を受けても、レベル32の防御型「府内 尋」はまだ余裕。


「ブギーマン」の左に援護型の「久松 慶」を配置し、正面から「府内 尋」が
通常攻撃した場合のダメージ量は395。


「ブギーマン」を挟み込むように「久松 慶」と「府内 尋」を移動させて
通常攻撃をした場合。包囲によるボーナスが加算され、ダメージ量は586に!

このように、「敵を囲んで各個撃破」を常に意識した立ち回り・攻撃をすることで、格上相手のバトルが楽しめる。これはエリアボスにも有効(逆にこの戦法でなければ難しい)で、回復スキルを持つDebuggerを入れた編成で臨むといいだろう。

Tips. ダメージ床の対処法
中部エリアのボスなど、3×3マスの範囲に強力な一撃+持続するダメージ床(毎ターンダメージを受ける)を設置する悪魔がいる。こういった悪魔が自分に隣接する場所にダメージ床を設置すると、取り囲んでの攻撃は難しくなる。こんな時は、地形変化スキルを持つDebuggerを編成し、ダメージ床を書き換えることで対処が可能だ。


今回は中部エリア最終盤「人と悪魔3」で検証。ボス悪魔「ネビロス」の範囲攻撃が発動!
緑色のダメージ床左上の2体が敵の悪魔。


85の緑ダメージがあと6ターン間毎回発生することがわかる。
低レベルのDebuggerならば致命傷になりかねない。


今回は今帰仁スセリのスキル「オーシャンパワー」を使用。
書き換えられるのは、自分を中心としたひし型のエリアのうち上下左右の5マスのみ。


ダメージ床上のDebuggerをうまくカバーできるよう、
書き換えの中心位置をタップ。


画面ではわかりにくいが、書き換えたことで
床からのダメージを受けなくなった。

オキナワの今帰仁スセリは遠近どちらからも攻撃可能な上に範囲回復、床の書き換えができるなど、使い勝手のいいDebuggerだ。ただし敵が連続してダメージ床による範囲攻撃を仕掛けてくる場合などは、床の処理に追われて回復が難しくなる。そんな場合は床の書き換えが可能か、回復役のDebuggerをもうひとり用意するといいだろう。

■集中攻略特集:47 HEROINES 編
・47 HEROINESとは
・バトル
・装備と魔装・憑依/強化
・Tips

アプリ詳細データ
Picture_DetailThumb

47 HEROINES

配信元:
Google Play / App Store
メーカー:
ユーノゲームズ(禹諾国際株式会社)
ジャンル:
RPG
著作権表示:
© YUNUO GAMES All Rights Reserved
公式URL(PC):
https://yunuo-games.jp/47-heroines/
公式URL(スマホ):
https://yunuo-games.jp/47-heroines/

201X年。”虚無”と呼ばれる現象と"悪魔"と呼ばれている異形のモノに侵される日本を舞台に、突然謎の能力を発現した少女たちが各都道府県で悪魔と戦う本格3DシミュレーションRPG。ムービーはアニメ監督の宮尾佳和が手がけている。

iPhone
Android
  • Google Play
  • App Store
無料(アプリ内課金あり)
無料(アプリ内課金あり)